top of page

Trendy Pickups (By Risa & Roro) - Masa Takumi


2024年お正月エピソードは「新年SP!」をお届けします!

初めにTrendy Pickups の公式Spotifyプレイリストから今年期待したいアーティストやプロジェクトをご紹介していきます!

そして、今回も豪華二組のゲストが登場!


昨年、第65回グラミー賞最優秀グローバル・ミュージック・アルバムを受賞した日本人マルチプレイヤー・プロデューサーのマサ・タクミさんのインタビューをお届けします。


次に、昨年12月、6年ぶりにEP「I AM」をリリースしたポピュラーシンガー、シェネルの来日インタビューをお届けします!



[Risa Kumon 1st Album “Ri-Verse”]


1stアルバム「Ri-Verse」が、全国の店舗、オンラインストアにて発売中!

ROROも参加している限定ボーナストラックが2曲収録されたデラックス版CD!


🔗配信&オンラインストア:  https://r2intl.lnk.to/Riverse


「New albums coming in 2024!」

Trendy Pickups公式Spotifyのプレイリストから、厳選したおすすめトレンディソングをピックアップして解説しながらご紹介していきます!


▼番組公式Spotify プレイリスト



Guest:

[Masa Takumi (マサ・タクミ)]

プロデューサー /ソングライター/ マルチ奏者

匠 正

MASA TAKUMI (1978年11月14日生まれ)は、受賞歴のある日本のミュージシャン、作曲家、ソングライター、プロデューサーです。彼の作品のほとんどは日本で制作されていますが、彼の作品は国際的にも高く評価されています。特に、彼は2014年と2015年にSLY & ROBBIEとの仕事でグラミー賞にノミネートされました。

マサは大阪出身。8歳のときに小学校のブラスバンドでトランペットを吹いたことから始まりX JAPANのYOSHIKIに影響を受け、当時13歳、音楽への愛に目覚め、12歳の若さでドラムを叩き始め、作曲を始める。ドラム、ギター、ベース、ピアノも独学で習得。

2000年、メジャーレーベルBMG JAPANよりロックバンド「siren」のドラマー、ソングライター、サウンドプロデューサーとしてデビュー。2004年に解散後、フルタイムの作曲家・プロデューサーに転身。

アジアではEXILE、DA PUMP、AAA、KARA、FT ISLAND、パク・ヨンハ、ViViD、Alice Nine、DIR EN GREYなど数々のメジャーアーティストのヒット曲をプロデュース。トップアルバムは200万枚以上を売り上げ、AAAのアルバム「Call」に収録された作品は第53回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。

彼は、有名な米国のロックアーティスト、ボーカリストのエリック マーティン、ドラマーのテリー ボジオなど、主要な米国のアーティストと仕事をしてきました。

マサはマーティンの2012年のアルバム「MR.ROCK VOCALIST」にプロデューサー、ギタリスト、ドラマーとして参加しました。ボジオの日本単独ライブ「ヒストリー・オブ・テリー・ボジオ」の音楽監督を務める。「クレイモア」や「ウィッチクラフト」などの日本のアニメーションタイトルのサウンドトラックの仕事も行っています。

2014年、マサは伝説のレゲエミュージシャンでありプロデューサーであるSLY & ROBBIEと共にギタリストおよびキーボーディストとして活動したアルバム「REGGAE CONNECTION」で第56回グラミー賞にノミネートされました。また、2015年にアルバム「REGGAE POWER」で彼らと協力して、別のグラミー賞にノミネートされました。

「MASA TAKUMI」名義でアルバム全曲を演奏する真のマルチ・インストゥルメンタル・アーティストとしての活動を開始し、2023年、5枚目となるアルバム「Sakura」が、第65回グラミー賞最優秀グローバル・ミュージック・アルバムを受賞した。


Guest:

[ Che'Nelle (シェネル) ]

シンガー/ソングライター


シェネルは2007年にアメリカ・メジャーレーベル「キャピトル・レコーズ」より世界デビュー。同アルバムに収録された「ラブ・ウィズ・DJ」が日本で大ヒットし、1stアルバムが日本国内でオリコン洋楽チャート1位を獲得、またゴールドディスク大賞で新人賞に輝く。


その後、TEEの名曲を英語詞でカバーした「ベイビー・アイラブユー」が日本で話題を呼び、J-POP界で一躍時の人となる。

その後は映画『BRAVE HEARTS 海猿』の主題歌「ビリーヴ」、フジテレビ系ドラマ『ディア・シスター』の主題歌「Happiness」が大ヒットしたが、2018年以降は出産や育児、更にコロナ禍での来日の制限などが重なり、CDのリリースや日本語詞で歌う新曲は6年ぶりとなる。


タイトル曲ともなっている『I AM』はこれまでラブソングという“他者への愛”に焦点を当てた歌中心だった彼女が、結婚、出産などを経験し、他者との関係が深まる中であえて”自分への愛”を見つめ直した作品。

カップリングには、都会の街で雨に打たれながら、離れた相手を恋しく思う気持ちを歌う、シェネルらしいラブバラード”雨のせい”と、英語で歌唱した『I AM (English Version)』を収録。


■YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCh5Jn_Vg4oa5CQK3v-4a0vA 今回のエピソードもお楽しみに!



1/10(水)深夜1am - 2am

TRENDY PICKUPS BY RISA & RORO

DJs: Risa Kumon、RORO


▼X: @TrendyPickups

ハッシュタグ: #TrendyPickups / #TP897


番組をradikoで聴く▼

TRENDY PICKUPS BY RISA & RORO interfm 2024/1/10(水) 25:00-26:00 https://radiko.jp/share/?t=20240110250000&sid=INT





Comments


bottom of page